こうした表示や表現に注意が必要です!

商品を購入する時は、ラベルに書かれている商品説明も是非とも読んでおいてほしいですね。
そう思います。
※薬事法の対象となる商品は「医薬品等適正広告基準」と言うので規制されています。
これがあるために安易に広告をすることはできないと言うことですね。
その様になっているのです。
例えば「滋養強壮保健薬」の商品の広告をする場合、効果に「シミにも効果があります」と強調するような形で広告されているとしますよね。
この場合、薬事法で承認されている効能、効果はあくまでも「滋養強壮」になります。
この商品は、シミを治すものではないと言うことになります。
結果、薬事法違反に値するということになります。
(汗)また美白についても薬事法での表現に制限があって、薬事法では「美白」は承認されていない字句になりますよね。
そのため「美白化粧品」と謳うことはできないと言うことになります。
このような事から分かるように、薬事法では表現が厳しいようですね。
色々な規制を受けています。
(汗)しかし、世間一般の広告を見ると「こんな効果がありました」、「私もこれで治りました」と言うような宣伝文句を山ほどありますよね。
(汗)これを見て思わず「ホント?」と思ってしまいますよね。
(苦笑)それでもこれは薬事法では決して認められない表現になります。
(汗) ですから、こうした広告を堂々としている業者自体、怪しいと思ってください。
(笑顔)広告がオーバーで、あたかも本当のように効果を謳っている場合、薬事法違反になります。
(笑顔)