レイクALSAは母子家庭でも借りられる?キャッシングが受けられるか心配...

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界について審査時間の長さや労働条件をみていくことにしましょう。

まずは審査時間の長さを紹介します。

主な審査時間の長さは債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですがその審査時間の短さは突出しています。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合レイクALSAの方が各段に上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業とするレイクALSAの方が、与信審査の専門性が高いからです。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかし、レイクALSAの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

レイクALSAのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

レイクALSAのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

最大貸出限度額はレイクALSAの場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますがレイクALSAの場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

レイクALSAのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行とレイクALSAが大きく違う点は審査時間の長さです。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で審査時間が短く借り入れることができます。

参考:レイクアルサ母子家庭でも借りれる?レイクアルサ即日審査【スマホ対応】

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンとレイクALSAが提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、レイクALSAのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、レイクALSAのキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、レイクALSAのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

ローンを組むことができる金融機関には以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

利益を獲得しています。

銀行の金利とレイクALSAの金利を比較した場合、レイクALSAの金利の方が高いことが多いと思います。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、一概にレイクALSAのほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

レイクALSAのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので審査時間が短く利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。