リボ払いからおまとめローンをしたい場合に注意することは?

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。クレカのショッピングなどでつかったリボ払いもおまとめローンが可能なことはご存知でしょうか?

ただ、利息や返済金額を抑えることができても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んでも元本は減らないので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

おまとめローンを提供してる金融業者もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

多重債務を1本化できるおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

クレジットカードのショッピングリボってめちゃくちゃ便利なんですけど、やっぱりリボは残金が減りません。クレジットカードでのショッピングリボ払いもおまとめローン可能なところがあるので、検討してみてもいいでしょう。

リボ払いのおまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。リボ払いからおまとめローンをしたい場合も、審査に通らないといけませんからね。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

住宅ローンを借り入れる際にカードローンを利用していると不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますので優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になりフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

クレジットカードでのショッピングリボ払いもおまとめローン可能な業者がたくさんあります。アコムやプロミスなどの消費者金融でもショッピングリボをおまとめすることが可能なんだそうです。

参考:リボ払いはおまとめローンできる?危険なの?【おまとめ支払い】

ただもちろん、おまとめローン審査に通らないとおまとめできません。リボ払いからおまとめローンをしたい場合に注意することは、やはりじぶんの信用情報はどうかという店でしょうか。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

何件もの金融業者からお金を借りていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので前向きに検討することをおすすめします。リボ払いからおまとめローンをしたい場合に注意することは、あまりに多額の借金だと審査には通らないかもしれないということでしょうか。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。リボ払いからおまとめローンも最近は人気です。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

おまとめローン審査が難関な人は通らない理由を業者に聞いても教えてもらうことはできません。クレジットカードでのショッピングリボ払いを続けていて、全然元金が減らなくて困っているような人も、別の金利が安いところでおまとめしてみてもいいでしょう。

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組んでしまうということも選択肢としてあり得ます。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融の場合、マイカーローンをアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにすることはできないかもしれません。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠であれば利用することはできません。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

テレビCMでお馴染みのアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とは貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており低金利な上に来店不要という点も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが専業主婦の方は申し込むことができません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようで借り換えローンというサービス名でアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

複数の借入れがあってもアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを使えば1本化できるのでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。クレジットカードでのショッピングリボ払いもおまとめローンすることが可能です。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。